きつね山 伊藤家住宅のお掃除の巻(*^_^*)

標準

増尾にあります 通称きつね山 伊藤家住宅の
お掃除に3月1日に行ってきました
何度か掃除もしたと聞いていたので
主婦の底力をみせてやるぅ~!(^^)!っと
張り切って始めましたが・・・。
何十年もの囲炉裏の煤と埃の層が私を襲う
コロナウイルス対策のマスクが
あっという間に真っ黒になるくらい

  春ですね

  

 囲炉裏の上の茅葺の屋根裏 太い梁に圧倒されます

引き出しの一つ一つに、伊藤家の歴史が詰まっていて
穴を繕ったモンペや着物 明治時代の郵便に使った紙に
包まれたおひな様(可哀そうに崩れてしまって)
歴史の教科書で見たマント型のコートに
軍服のコートには大正5年と名前が記されてました
その下にひいていた新聞が昭和24年(゚д゚)!
まだ戦争の影響が色濃く残っていた時代
どこかの博物館に飾ってあるくらいのレベル
トレジャーハンター気分で次々と発掘作業
庭掃除の焚火の煙で燻されながら
時にはヤモリの急襲に怯えながら(゚Д゚;)
お昼には春の恵み 庭先のフキノトウの天ぷらや
美味しいご飯を頂いて、エネルギーチャージ
掃除機では間に合わず、こんな時は昔ながらの箒が◎
拭き掃除の雑巾は、魔法の様に瞬間に真っ黒!!
今回はこれで終了・・・\(^o^)/
まだまだ、土壁の修理や手付かずの場所の掃除も
ありますので、皆さんと一緒にきつね山が生まれ変わっていく
お手伝いを出来れば嬉しいなぁ~っと思います
皆さんも楽しみに待っていて下さいね
(鼻の中まで真っ黒になってましたぁ~(>_<))

 

綺麗になった気がします          一足早い竹の子が(*’▽’)

  

この記事を読んだあなたの感想は?
  • いいね! (0)
  • 面白い! (0)
  • 役に立った (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です